メガネ屋一覧

本日は忙しいかな?

朝パソコンをアップしている間考える事です。

店の5階で暮らしている関係で、階段を下りている30秒の間に
家にいる時のだらけた気持ちを高め”気合”を入れなおさなくては
いけません。

もう20数年同じ事をやっていますが、
この事は生活にいい事をもたらしてくれます。

ランチの後、必ず20分ぐらい昼寝ができます。
起きたらまた30秒でお店の顔に戻れます。

オン・オフの切り替えがいつでもできるようになってしまいました。

釣りに行く前は よし一時間だけ寝るぞ!・・・と
すぐ眠れるし、一時間後にすぐ起きれて、その1分後に車の運転している事が間々あります。

よーし 今日もがんばるぞ!!



本日は雨です。

雨の日に必ず来店する”メーカーの営業さん”がいます。
日本で1、2を誇るフレームメーカーの営業さんで本社が原宿です。

私の考えでは、
『なんだ 雨降ってきた!』
『重たい荷物持って雨の中歩くの嫌だなー!』
『帰りがけにいけるのは 山手線沿線だよなー!』
『無駄に行ってもしょうがないしナー!』
『少しでも買ってくれるところは…???』
と考えて、、、
『よし!雨降ってきたし3時過ぎたから目白のスエナガさんに行こー!』
となるんだと思います。

私が営業だったら絶対そう思います!

本日お待ちしています。営業の中原さん!遊びに来てください♪


サングラスは掛け具合が大切です!

最近どこでも安いサングラスを売っていますが
サングラスを雑貨扱いしていませんか?
ちゃんとしたメガネ店で買ったものは違うと思うんですが!

人の顔は千差万別、絶対に同じ人はいません。
サングラスは顔に合わせて曲げるように出来ています。
(一部の商品は曲げると折れる物もありますが・・・)

■鼻の高さに合わせて睫毛やほっぺたにつかないようにする事。
■サングラスを掛けると鼻のところが赤くならないようにする事。
■耳の後ろが痛くならないようにする事。
■サングラスを掛けて左右をまっすぐにする事。

すべてメガネ職人に預ければほとんど出来ます!!
(メガネ職人が見て出来ない商品の場合もありますが・・・)

最近は掛け具合の調整をまったくしていない【未完成】の
サングラスを通販などで売るメガネ屋さんも多くみられますが、
メガネのスエナガでは、お客様にちゃんと掛け具合を調整した
【完成品】しかお売りいたしません。

未完成の商品を売りっぱなしで 掛け具合は近くのメガネ屋さんで
直してもらってください…なんて、無責任なお店が多くなり過ぎました。
残念です!!



趣味と実益を兼ねて“偏光サングラス”に自信があります

大学4年次に夜間の眼鏡専門学校に通い“苦学生”を演じていました。
その後、大山のメガネ店にて修行をして、現在に至っています。

休みの日には必ず“釣り”に行きます!
現地で“釣り用偏光サングラス”の色々な見え方を試しています。

TALEXいう偏光レンズ専門のメーカーは日本に200件の
正規代理店があるのですが、スエナガはそこに所属しています。

メガネのスエナガのホームページ(http://www.megane-suenaga.com/)は
メガネ屋のホームページではないみたいに仕上がっています。

偏光サングラスに関しては任せてください!自信があります!