2007年09月一覧


一年経つのは早いですね。

私が所属する”W.B.S.”のプロ・トーナメント最終戦が明日とあさって開催されます。

2007年シーズンは”メガネのスエナガ”に無理を言って
初めてトーナメント・フル・エントリーしました。
W.B.S.のトーナメントには発足当時から
色々なお手伝いをしていました。
トーナメントに出たかったのですが 
お店の関係ですべてにエントリーできませんでした。

しかし今シーズンはすべてに出られそうです。

でも今回で今年は終了です。

明日から 霞ヶ浦水系のどこかで釣りをしています。
そしてあさっての夕方・・・どうなっているのでしょうか?

明日29日はお店は営業していますが
私 末永は店にいませんので よろしくお願いいたします!!


実はすごい人みたいです。

昨日夜に”池袋タックル・アイランド”にお邪魔しました。
ある備品を購入のためです。

その時釣り雑誌”アングリング・ファン11月号”に眼に付きました。
IMGP1465-1.jpg
出ているよ・・・とは聞いていたのですが
先日メガネのスエナガにおいて
スエナガ・オリジナル・フレームで
偏光サングラスを作っていただいた
今井 康仁プロが表紙を飾っています。
IMGP1468-1.jpg
そして本文の中にも
前記の偏光サングラスを宣伝していただいています。

雑誌の表紙に載るぐらいすごい人だったのですね。
そして””使い心地も最高です。””とご連絡を頂いています。
わざわざ 遠くからご来店いただいたんです!
ありがとうございました。

そして仕事の関係で北海道に行かれるみたいです。
向こうに行かれても釣りがんばってください!!


わくわく気分です。

今度の土曜日と日曜日は
W.B.S.プロトーナメント最終戦が開催されます。
そのトーナメントに出場します。

今からワクワクしながら 夜な夜な釣りの準備に取り掛かっています。

ルアーの選別は昨日終わりましたので
今日はロッド&リール&ラインの選別に入ります。

ほとんど頭の中で組み立てが終わっていますが
この時が 釣りの醍醐味のひとつです。

と言う事で
29日の土曜日は 私末永はメガネのスエナガにいませんので
よろしくお願いいたします。


IOFT 眼鏡の国際展示会が開催されます。

IOFT 眼鏡の国際展示会
来月 10月10日・11日・12日の三日間
東京ビック・サイトで開催されます。

毎年 観覧しに行きます。
今のメガネ・フレームの動向を確かめに行きます。

今年は”プラスチックのフレームの新作が多そうだなーー?とか
   ”オシャレなフレームはないかな?とか
   ”これからフレームの色はブルーがはやりそうだな?・・・ETC
色々観察してきます。

そして夜は 眼鏡学校の同窓会になります。
私は眼鏡専門学校を卒業しました。
同級生には 山代温泉の眼鏡屋さん
      山口県の眼鏡屋さん
      北海道の眼鏡屋さん・・・ETC
そして関東地方では 
目黒の眼鏡屋さん・君津の眼鏡屋さん
・メガネ・ボランタリー・チェーンの重役さんがいます。

一年に一回のメガネ国際展示会の時に
皆さんビック・サイトに集まるので
昔話に花を咲かせます。

今年は何人参加するのでしょうか?
20数年前に同じ黒板で一緒に勉強?していた
友達との再会はすごく楽しみです。



9月29日・30日はトーナメントです。

W.B.S.プロ・トーナメント最終戦に出場です。

昨日はそのプラに行きました。
今回一緒に戦うのは 斉藤 匡宣プロ
IMGP1457-1.jpg
一緒に良く遊んだり 
昨年のスーパー・スリー・デイズには
2006.06.22-001-1.jpg
”メガネのスエナガチーム”のチームメートでした。

昨日の霞ヶ浦は 北東のすごい風が朝から吹いていました。
大山のマリーナよりボートを出したのですが・・・
IMGP1456-1.jpg
はじめ霞ヶ浦を横断しようと試みたのですが
途中で断念して 小野川に入りました。

釣果は・・・練習なので割愛させていただきます。

でもすごい風でした。

小野川をやっている途中
”赤羽修弥プロ”から携帯に電話がありました。
””末様今どこですか?
””小野川だよ
””朝対岸に向っているボートを見たんで、今大山付近はすごい風ですよ
””私はもう上がりましたけど
””本当に? じゃ私たちも帰る!

修弥くん ご心配掛けました。
長年の経験で無理は絶対にしませんので・・・

でもすごい風でした!! 


吉田幸二さんとの釣り。

グランパスにボートを持って行き
少し見てもらいました。
IMGP1451-1.jpg

原因が判明しました。
IMGP1445-1.jpg
ここに亀裂が入っていますね。

IMGP1449-1.jpgボートをトレーラーに乗せてから
一時間以上が経過していますが
まだ水が出ています。

この亀裂に気づかず釣りを続けていたら
大変な事になっていたと思います。

その後 色々な所にオカッパリをしに行きましたが・・・
IMGP1452-1.jpg
最後の最後のポイントで
吉田さんにいい魚が釣れました。
IMGP1454-1.jpg
それでは私も・・・
ありがとうございます。釣れました。

そして そこで御開きになったのですが
帰りの高速道路が 東京に入ると大渋滞の情報です。
4時過ぎに土浦インターに入ったのですが、
店に着いたのは7時半ごろです。
行きは50分 帰りは3時間以上かかりました。
疲れきって即効消灯でした。

明日は霞ヶ浦です。
釣りたいです!!


昨日は釣りに行ってました。

吉田幸二さんのお手伝い兼釣りです。
吉田さんも昨日の事書いています
朝6時駐船場集合ですので

IMGP1436-1.jpg5時半前に”FISH村に到着です。
5時40分に吉田さん到着。
IMGP1442-1.jpg
ボートの用意です。
吉田さんのアルミ・ボート
“コー・ジトン号”での釣りになります。

波乱万丈の一日となります。
まずはトレーラーを車に繋いで テール・ランプやブレーキランプが
点滅するかの点検をしたら・・・すべて点きません。
接続部分に潤滑スプレーをかけたり
車を私のに付け替えたり色々してみたのですが
点きません。
最後の手段は 接続部分を地面にたたきつけてみました。
ランプ類はすべて点きました。 良かった!

そして スロープまで牽引して船を出しました。

どこ行くベーか?
お任せします。
よし!と本湖のドック付近に・・・
ポイントに着いて第一声は
IMGP1439-1.jpg
”俺はクランクを投げるからヒロユキは気にしないで
 好きなもの投げていいぞ!”でした。
しかし アタリがありません。

次は石積みを数箇所やっていると・・・
IMGP1437-1.jpg
釣れました。
良かったです。

でもアタリがないです。
数時間たって ちょうど出発地点のスロープのそばにいて時に
なかなかボートがプレーイングしない事に気づいた吉田さんは
ボートが変だから 一回トレーラーに乗せて点検をする事になりました。

ドレインの点検をしたのは私・・・嫌な予感が。
トレーラーに乗せてドレインはちゃんとしまっていたのですが
それを抜いた瞬間 ドレインから出てくる水は半端ではなかった。

その時点で ボートをいつもメンテナンスしてもらっている
土浦の”グランパス”に即効行きました。

つづく



昨日の夜の電話・・・

私はほとんど毎日遅くても9時15分には消灯しています。

今日の朝 携帯を見ると”着信あり”でした。
22時22分 吉田幸二さん携帯の文字が・・・
2007.09.05-1.jpg

朝 電話をしました。
”夜も忙しそうでだな?
”イエイエもう寝てました
”相模湖の大会で優勝したんだって?
”懐かしい相模湖 あまり釣れないんです。
・・・何か言いたいけど言えないみたいな感じがしました。
”そう言えば 第二回吉田漁協杯が今月の30日にあるんですよね
”微力ながら その時の賞品を今用意していますから出来たら送りますね
”そうそう その事の電話なんだよ
”わかっていますから。 近日中に送りますね。

吉田さんは 他の人に頼み事をするのが苦手なんです。
頼むんだったら自分でやるタイプなんです。

でも何か朝からいい気分になりました。
きっとこのブログを見てくれているから
優勝したのを知っていたんでしょうし・・・

第二回吉田漁協杯は9月30日です。
詳しくはこちらに。

絶対に楽しい集まりになります!
こぞってご参加ください!!
残念ながら 私はW.B.S.最終戦のため欠席です。

P.S 明日 久しぶりに吉田さんと釣りに行く事になりました。
   楽しみが増えました! 


おとといのトーナメントの反省点

16日のトーナメントでたまたま優勝してしまいましたが、
反省点がいっぱいありました。

1 大会中には釣りに集中しないといけなかった!!
  途中ランディング・ネットまで使い本気でゴミをすくっていた事は
  すごい反省点です。
2 基本のポイントでたまたま釣れた事を引きずり
  ほとんど同じ事しかできなかった事。
3 初めてに近い湖の情報から大体その日の釣り方を
  事前に考えていたのですが、それをほとんどやらなかった。

1はボートのそばに流れてきたゴミを手で取れる範囲にすればよかった。
2釣れた事を次の一匹のヒントと考えて アタリが続かなかったら
 次の方法を考えないといけない。
3ワカサギが釣れ始めていたので、ワカサギを食べているであろう
 魚を狙っての考えでいたのにほとんど無視しました。
 もう少し本気でやらないといけない!!

たまたま いい方向に行ったので結果的には良かったのですが、
トーナメントの最中なのに”気が緩む私”を思う存分発揮してしまいました。

大会に出場したらいつでも気を緩めず釣りに集中しないといけない!!と
再確認しました!

初心に戻ります!