2009年01月20日一覧

日本製のメガネは・・・

昨日お客様が”このメガネ折れてしまったので直りますか?”
と来店頂きました。

数ヶ月前に買ったのですが、折れてしまったんです。
この部分は職人に出して直さないといけないです。
期間は一ヶ月ぐらい掛かります。
御代も5千円以上はかかります。

それでは捨ててください。・・・と帰って行きました。
このメガネ 私のブログに出していいですか?
捨てたのですから勝手に使っていいですよ!と
お客様に確認しました。

メガネには レンズの入っている所と耳に乗せる所の二つのパーツから出来ています。
厳密に言うと鼻に当たるパーツもあります。
IMGP3252-1.jpg
上が日本製 下が○国製です。

蝶番で止まっているこの所の部品が折れたのですが、
後の事は何も考えていないすごい部品でした。
一番力の掛かる部分にこのパーツの薄さは日本では考えられないです。

通常の約半分の厚さです。
これでは ぶつけて曲がった所を直すとすぐに壊れてしまいます。

日本製のメガネのパーツは
少しぐらいの曲がり方でしたら直ります。(限度はあります)

日本製のメガネは いいメガネを長く掛けていただける様に
各パーツもそれ相当の研究を繰り返し 後々のメンテナンスにも力を入れています。

しかしこのメガネの様に ○国製のメガネは
掛けられればいい 曲がったら新しいメガネを買ってください・・・と
考えているみたいです。
○国製のメガネは日本製のメガネと比べると・・・

メガネは使い捨てでいいと思っているお客様は○国製をお買い上げください。
いいメガネを長く使いたいお客様は 日本製をお買い上げください。
メンテナンスや各パーツの強さが違います。