2012年09月26日一覧

一応メガネ屋ですので、メガネ修理の事です。

お客さまがメガネをお尻で踏んでしまったのとお持ちになったメガネです。

メガネのロー付け部分が取れています。

メガネにはパーツが一杯あり 各部品をロー付けして

メガネを作る事が常識になっています。

付けてある部分が取れてしまう事はほとんどないのですが

他の力が加わると上の写真の様に溶接部分が取れてしまう事もあります。

でもメガネのスエナガでは 外部にメガネの修理専門の職人さんがいますので

10日前後お時間を頂ければ修理できます。

しかし ロー付けする場合には金属に熱を加えないといけないので

メッキが少し変色します。

メッキの変色が嫌な場合ですと ロー付けの後に再メッキする事も可能なのですが

この場合お時間が1カ月以上掛かります。

注意事項

このメガネは当店でお買い上げの商品ですので

修理対応が絶対に出来るのですが、

出所のわからないフレームですと、どの様な金属を使っているかわからないものもあるので、  対応できない場合があります。

踏んでしまい壊れたメガネでも 修理が出来る場合があります。

どうぞご相談ください!

今日も楽しんでお仕事します!