Print Shortlink

全国の自称偏光サングラス評論家さんへ・・・(5/11)

だいぶ昔ですが
偏光サングラスをお買い上げのために
メガネのスエナガにご来店頂いたお客様のお話です。

このお客様はだいぶ強い近視のお客様です。

偏光レンズの種類は大きく分けると
ガラス製とプラスチック製があります。
近視用のレンズは中心部が薄くて
外に行くほどレンズが厚くなるんです。
眼鏡屋的には
レンズの厚さが目立つのと重くなる事を
考えて
あまり大きくないフレームを
お勧めするんです。
しかし お客様は
”友達の偏光サングラスを良く知った人が
 サングラスは大きい方がいいし
 レンズはガラス製がいい!”と言われたみたいです。
さらにミラー・コートは絶対にやるべきとも言われたみたいです。
お客様のお顔には大きすぎるフレームをお選びいただき
レンズもガラス製のレンズにしました。
もちろんミラーコートにしました

眼鏡屋的には少しだけ小さいフレームをお選び願って
プラスチックのレンズを使い軽くて使いやすい方を
お勧めしたのですが、お客様の意思は固くその様になりました。

レンズが出来上がり
フレームに入れて完成したのですが
すごく重たいサングラスになりました。
ミラーコートの付いたサングラスは格好いいです。

お客様が受け取りにおいで下さると
掛けた瞬間 何かすごく重いですね・・・と
言っていましたが、かけ具合の調整をしっかりして
お持ち帰りいただきました。
眼鏡屋的には 何か心に残るお客様でした。

もう少し続きます。また明日・・・

本日も楽しんでお仕事します!!