眼の”利き目”って知っていますよね?

人間 左利き 右利き といろいろな事をやる時に使う腕のほう
の事を利き腕と言います。

人間のふたつある目玉にも利き眼があります。
極端な事を言うと、どこを見ている時も
ほとんどどちらかの”眼”で見ています。
顔の左右に付いている眼の距離により 見えるものとの距離や立体感を
頭の中で解析しているのです。
片方の目を隠してキャッチボールは出来ません。

メガネを作る場合、左右の眼の見え具合を同じにする事が”ベスト”なのですが、ほとんどの人が左右違う度数ですし乱視なんかもあるので、左右同じ見え方のメガネは出来ません。

それではどのように”ベター”なメガネを作るのでしょうか?
ほとんどの物を見ている”利き眼”をもう片方より少し良く見えるようにします。

利き眼ではないほうを見えるようにすると、
「よく見えるけど何か変だ」と言うメガネになってしまうのです。

この事はメガネ業界では当たり前なのですが・・・・