Shortlink

魚が釣れないシーズンになりました。

魚釣りがうまくなるには、やはり魚を釣らないといけないと思います。
これから3月までの魚が釣れない時には何をしましょうか?

釣り道具が増えるのもこの季節なのですが、
私は”管理釣り場”に行きます。
管理釣り場と言っても そんなにバカスカ釣れないのですが、
たまにでも釣れれば面白いし 練習になります。

釣り方の練習や新しい道具を使い込む”うってつけ”のシーズンになります。

池袋タックル・アイランドの店長のお話では
最近のお客様は 寒い時に釣りに行かない人が多くなった!と言っていました。
寒くて嫌な時にも現場に行かないとうまくならないと思います。
魚釣りは 釣ってナンボの世界ですから!!
釣りに行きましょう!!

Shortlink

フリーダム・トーナメント その5

今回のトーナメントは 色々ありました。
水門を開けて 利根川に行く最中 水位調整中に
行きは 三人で水に浮いているペットボトルやその他のゴミを拾い
きれいに気持ち良くしました!

きっと水神様が見ていて 私たちに魚をプレゼントしてくれたんだと思いました。

帰りは 水位調整中にもう一船同じところにボートがいたのですが、
そのボートに乗っていた人たちは・・・
”カモ撃ち”の人たちでした。
2006.12.4.jpg
散弾銃が数丁ボートの中に無造作に置いてありました。

15船の参加者の中 8船のチームがバスを釣ってきた
渋いトーナメントでしたが、天候にも恵まれ 
とても楽しいトーナメントでした!
又次回・・・?

Shortlink

フリーダム トーナメント その4

常陸利根川の水門から 本気で走り 10数分で水郷マリーナに到着しました。
ほとんど 終了時間です。

続いて 出場選手に様子を聞いていると”一匹”や今日はダメの答えが・・・
何かいい感じかもしれないと思いながら、
魚をライブ・ウエルから出して検量台に・・・
IMGP0356.jpg
3匹で1930グラムでした。
この釣れない時期には上々です。
暫定一位です。

IMGP0354.jpg
最後の方の人がいい魚を3匹袋に入れています。
同じくらいかな?・・・2010グラム!!

残念でした。
二位でした。

つづく

Shortlink

フリーダム トーナメント その3

ある 水路に入っていきました。
この水路の奥のほうに水の中にテトラが入っているんですよね!・・・と言うと
それではそこ行きましょう!

私と冨士さんは”メガネのスエナガ製”偏光サングラス着用
もう一人の人は・・・○○製偏光サングラス着用です。

私と冨士さんは、 テトラの位置がわかり隙間にルアーを落としていました。
私に何回も”アタリ”があるのですが、ハリガカリしないんです。
その内魚がかかったのですが、テトラの中に入られて痛恨の”ラインブレイク”!
すぐに”冨士さん”が一本釣りました!
合計 3本 リミット・メイクです。

もう一人の人は なかなかテトラの位置がわからないみたいです。
トーナメントが終わったときに 
その人が”あんなに見え方の違いがある事がわかったら、
すぐにお店に偏光サングラスを作りに行きます”・・・と言われました。
お待ちしています!

つづきは 明日です。ごめんなさい。

Shortlink

フリーダム・トーナメント その2

水路のへら師を過ぎたあたりから 釣り開始です!

本日バス・ボートに三人乗っているので・・・
船頭さんは操船が少し大変だと思います。

三人で 岸よりぎりぎりを攻めていくとすぐに 一匹!
続いて すぐに 900グラムぐらいが釣れました。
ちなみにこのトーナメントは ボート単位のエントリーで
ボートで3匹がリミットですので あと一匹です。
時間は9時前です。

しかし 次がなかなか釣れないんです・・・
オカッパリの人は 目撃しただけで 二人の人が釣っていました。
後から来た バス・ボートの人たちも釣っていました。
IMGP0352.jpg
利根川を走って 数箇所攻めてみますが 後が続きません。

そこで 北浦方面に帰る事にしました。

つづく

Shortlink

昨日はトーナメント出場!

いつも 偏光サングラスや通常のメガネでお世話になっている
”冨士さん”の所属する”フリーダム”と言うバス・クラブの月例会に出場しました。

朝はすごく寒いです!
7時に”潮来マリーナ”スタート したら 北浦を下っていきます。
この時期は 水路・テトラ・オダ・・など水があまり動かない所がいいので
どこまで行くのかな?とか考えながら、バス・ボートにしがみついていました。

この水路かな? このテトラかな?・・・と言うところを 
どんどん無視してボートは下って行き
常陸利根川を爆走していきました。
何だ 黒部川か!

ロングランでした。

二つ水門を超えて 黒部川につながる水路がファースト・ポイントでした。
水門を超えると・・・両岸に ヘラブナ釣りの人たちが並んで”ウキ”を見つめています。

”すみません! 真ん中ゆっくり通ります!”と叫びながら
通っていきます。
礼儀をしっかりやると、文句は一言も言われません!
みんな釣りが好きな人たちです。 気持ちは通じます!

つづく

Shortlink

明日もトーナメント出場!

最近良く出ている 北浦のフリーダムと言うバス・クラブの
月例トーナメントにオブザーバーで参加させていただきます。

きっと寒いですよ!
防寒着をしっかりして、トーナメントを楽しんできます!

寒さとの戦いになると思います!
がんばってきます!

この時期のトーナメントでは、一匹がすごく貴重になってきます。
平常心で精神統一して気を抜かずが基本です!
釣れるといいな!


Shortlink

忘年会 その1

昨日の忘年会は、おいしかったです!!

お店の名前は あまり宣伝したくないので書きません・・・ごめんなさい。

小さい”鮑”料理のお店なのですが、料理がすごかったです!!
20061130.jpg
アワビとイセエビのお刺身・・・両方ともはまだ生きています。
(二人前ずつ料理を出してくれました)
20061130-1.jpg
アワビの炭火焼です。 
少し残酷でしたが、おいしかったです!

その後アワビ料理がどんどん来たのですが
料理が少し出て来るのに時間がかかるので
お酒を飲みすぎてしまい 写真がないです・・・ごめんなさい。

高級食材をたらふく食べて いい日本酒を飲んで
7000円以下でした。

満足です!!

Shortlink

白河フォレストスプリングス その4

今回の大会は45分刻みで指定された場所に各チームが移動しながら釣りをしていきます。
ひとつのチームがいい場所に陣取ってずーと釣り出来ないように考えた規則だと思います。

私たちチームはいい感じで陣地を移動できる。とSaltyさんは朝おっしゃっていました。
私は初めてきたので解らないのですが・・・
朝一の場所ではまだ太陽が上がりきっていないので
”イーズ・グリーン”の偏光レンズが入ったサングラスを掛けていました。
魚がルアーをくわえて離す瞬間を何回も見れました。

何回目かの”ステージ”になると太陽も高くなり、珍しく”ドピーカン”になってきました。
そこで”アクション・コパー”の偏光レンズの入ったサングラスにしました。
二つの違う偏光サングラス・レンズを掛け比べて、やはり太陽が昇ると”アクション・コパー”
のほうが魚が見やすくなってきたことが実感できましたので。

管釣りトラウトは”ライン”の変化で”アタリ”を取る!と本で見たので
ラインの変化をずーと見ていて、何回か変化がわかったのですが・・・
魚は釣れません・・・へた過ぎです。
IMGP0188.jpg
自然の中 人工的な物が何もない所での釣りはとても気持ちがいいです!

つづく


Shortlink

白河フォレストスプリングス その5

チャンス到来です!
IMGP0187.jpg
私たちの陣地のそばで魚の放流が始まりそうです。

魚は表層を意識していて、偏光サングラスを掛けていると並んで見えます。

大昔に買った”トラウト用・クランクベイト”をケースから引っ張り出し
ラインに結びました。
先日 浜名湖でこっそり盗んだ”ルアーの一点シェイク”をやってみました。
魚はすごく興味を示しています。
やっと魚の口にルアーがかかりました。
IMGP0191.jpg
すごく小さいけどうれしい魚です。 ニジマスではないみたいです。
その後 魚にハリが掛かったのが、10回以上ありましたが、2匹だけキャッチできました。
”ルアーの一点シェイク”はシーバスだけでなくニジマスにも有効なんですね!

一匹でも釣れたので良かったです!

太陽を背に受けた時には魚がすごくはっきり見えます! アクション・コパーでは!

つづく