明日は トーナメント!

昨日 明日のトーナメントのために戦略を書いてみた。

20数年前 当時B.A.S.S.of Japanのトーナメントに出ていた。
吉田幸二氏 横山鉄夫氏 宮本英彦氏 田辺哲夫氏 林圭一氏 沢村幸弘氏 ETC
今日本のバス・フィッシング業界で君臨している方々も出場していたんです。

吉田幸二氏に色々な事を教えてもらいましたが、
当時次回のトーナメント・レイクの地図に 次回の戦略を書いて私は提出していました。
湖の状態・バスのシーズン的な動き・練習の時の感想などをレポート用紙にいっぱい書き
数名で討論しました。色々な考えがあること 同じ考えがあり自信になった事 勉強しました。

当時を思い出し 自分で考えました。

討論会はないですが 自分自身の戦略が出てきました。
何か”ワクワク”してきました!! 
こんな事も ”釣り”の一部なんです。
楽しいです!!

明日は天候が下り坂みたいです。 いいトーナメントになりそうです!

戦略が的中したら いいのですが・・・ 相手は自然の魚です!
いい方向に自然が味方してくれるといいのですが・・・

釣れなくても 楽しいのが トーナメントです! 
この時の悔しさが次回のトーナメントに生かされます!
でも 釣れたほうがいいですが!!


6月になりました。

5月のメガネの売り上げは今一歩でした。
大型連休中 いい天気が続き皆様 行楽にお金をかけたんですかね?

しかし ”偏光サングラス”の売り上げだけは伸びました。
二本目・三本目のお客様が多かったです。
このようなお客様が多いのは、一本目に満足されたから次も”スエナガ”行こう・・・と
思っていただいたのだといい方に解釈しています。
ありがとうございます!

これからも お客様に喜んでいただけるいい”偏光サングラス”を作るよう努力いたします。

頑固者の私がフィールドで試して いい物だけをお勧めさせていただきます!
使ってみて あまり調子のよくないものはお勧めしません。

遠くからご来店申し訳ないのですが、いい偏光サングラスを必ずお作りしますので!!
よろしくお願いいたします!


6月19日から三日間は

W.B.S.の大イベント”スーパー・スリー・デイズ”が開催されます!!

私の休みの関係で 日曜日しか出られませんが”メガネのスエナガ・プロ・チーム”の名前で
エントリーします。

船頭さんは村川勇介プロです。
murakawa.jpg

がんばります!


今度の休みは

池袋タックル・アイランドの大会です。
昨日は 先日大雨のためタックルボックスの中がぬれていると思われたので、点検しました。

ほとんど雨水にさらされないようにしていたのですが、一番使ったフック・シンカー入れが
すごいことになっていました。

ほとんど水浸しです。
すべての物を新聞紙の上に出し ティッシュできれいにしました。

防水仕様の”バッカン”の中にも大分水が入った形跡があります。
すべて出して乾かす体制にしました。
タックルボックスの一番下に入れてあったケースはすごいことになっていました。

雨男の私は 体がぬれるのはいいのですが、釣行後の後片付けが面倒です。

今度は晴れそうですが、 最小限の荷物だけにしようと 心に決めました。


大人気ない買い物

あるワームを又大量に買ってしまった。
3種類のカラー各6パックずつと瓶入りワーム12個・・・

常連のお客様は”眼がテン”になっていました。

釣れそうだと思ったら いっぱいタックル・ボックスの中にないと不安なんです・・・

財布が空になりました。




片倉ダム 釣行

昨日は やっと釣りです。

朝から霧雨が降っています。
2006.05.29-3.jpg
このくらいのレギュラー・サイズが良く釣れます。

9時を回ると”バケツをひっくり返す”との
表現がぴったりぐらいのすごい降り方になってきました。

雨具の中までぬれた来ました・・・
そこでいったん雨宿りをしようと思い エレキのスイッチを入れても動かない。
すべての配線を確認しても動かない・・・
久しぶりに”ボートをこぐ”事をしてしまいました。
ちょうど近くに お友達がいたので ボート桟橋まで引っ張ってもらいました。
大変助かりました。 ありがとう ツッチーくん!

ボートやさんでエレキを借りて近場で再度挑戦したら、
30センチぐらいのバスは良く釣れます。
そして 
2006.05.29-2.jpg
いました。 42センチのバスです。
しかし ボート屋さんのそばで バスを何匹も釣っていたので少しだけボートが集まりだした時に
この魚が釣れたので マナーのまったくない釣り人が(アングラーと呼びたくない)
私たちのボートの前と後ろに入ります。
私たちはボートが進めません・・・どうすればいいのですか?と船先のほうの釣り人に質問したら
完璧に無視を決め込んだので、私はそのボートの真横にボートを付けて釣りをしました。
すぐ私たちには釣れたのですが、 
フットコンのエレキ付けて 魚探もいい物付けて いっぱしのアングラー気取りの釣り師に
釣れるはずはありません。
あなたはマナーをまず勉強してください。

先ほど私たちを助けてくれた”ツッチーたちは”私たちを桟橋に係留してくれてから、
爆釣したみたいです。50センチ・オーバーを含め30本近く釣れたみたいです。
私たちにあったときはまだ一匹も釣っていなかったのですが・・・
ダムの神様はちゃんと見ているのです。 
マナーの良いアングラーにはちゃんといい事があるのです。
マナーの悪い釣り師はきっと釣れていないことでしょう!!



明日は釣りですが・・・

またしても雨みたいです。

千葉の山奥のダムに行くのですが、釣れるといいのですが!

TALEXの新しいレンズ”CACCHU(カッチュウ)”素材のイーズ・グリーンを
ナイロール(レンズに溝を掘るタイプ)に入れて見え方のチェックをしてきます。

林の中で釣りをすることが多いここみたいなダム湖は いつも暗いところで釣りをします。
”イーズ・グリーン”がいいのはわかっているのですが、
レンズの素材が変わり今までのように裏映りがなく鮮明に見えるかを試してきます。
普通素材の”イーズ・グリーン”と見え方がどう違うか
二本のサングラスをかけ比べて来ます。

いい方向に行けばいいのですが・・・